双光エシックス株式会社|マイクロフィルム・スキャニングサービス専門会社 情報を未来へつなぐプロ集団

お問い合わせ

マイクロフィルム変換サービス

マイクロフィルムは、原本に忠実な記録を
残すことができる優れた技術です。

マイクロフィルムは、適切な環境であれば500年保管できる耐久性を持ち内容の改ざんが不可能なため法的証拠能力が高いなど、優れた特性を持っています。
一方で、フィルムの材質や保管環境によっては、フィルムが劣化し、内容を読み取ることができなくなる危険性があります。
貴重な情報資産を未来につなぐために、マイクロフィルムの電子化をご提案します。

マイクロフィルムサービス

IT時代における
マイクロフィルムのデメリット

マイクロフィルムはかつては省スペース化に最適な手段と考えられていました。しかし、IT化の進展により、専用機器でしか閲覧、印刷できないマイクロフィルムの不便さがクローズアップされるようになりました。
マイクロフィルムを電子化することで、ネットワークによる情報共有や、PCでの閲覧、印刷も可能になります。
また、フィルムが劣化した場合の対策としても有効です。
次のような症状が現れる前に、電子化をご検討されてはいかがでしょうか。

1/10?1/30

  • こんな症状が現れる前に!
    • フィルムから酸っぱい臭いがする
    • フィルムが波打っている
    • フィルムに触るとベタベタする
    • フィルムが貼りついている

弊社では様々な形態のマイクロフィルムへの対応が可能です

  • 16mmロールフィルム

    16mmロールフィルム16mm roll film
    フィルム幅16mmのロールフィルムです。撮影仕様によっては長さ30.5mのフィルムに、A4縦の資料を約2,400枚収録することができます。一般文書、学術資料、技術資料などに用いられています。
  • 35mmロールフィルム

    35mmロールフィルム35mm roll film
    フィルム幅35mmのロールフィルムです。撮影仕様によっては長さ30.5mのフィルムに、A2サイズで約500~550枚の資料を収録することができます。16mmロールフィルムに比べ、面積比で約4.5倍の画面サイズとなり鮮明な画像が得られるため、大型図面や地図、新聞などに利用されています。
  • マイクロフィッシュ

    マイクロフィッシュMicrofiche
    マイクロフィッシュは、はがき大のシート状のマイクロフィルムに資料を写しこんだものです。工事や論文など物件単位の情報を1枚あるいは複数のマイクロフィッシュにまとめることができ、シート上部にはタイトル等を印字することができます。
  • ジャケットフィルム

    ジャケットフィルムJacket film
    ジャケットフィルムは、16mm、35mmのロールフィルムを数コマ単位でカットし、透明なシート状のジャケットに入れたもので、上部にタイトル欄が設けられています。
  • アパチュアカード

    アパチュアカードAperture card
    アパチュアカード(APカード)は専用のカードに35mmロールフィルムのコマを1コマずつ切り取り、貼りつけたものです。
    カードに必要な情報を書き込んで整理することができるため、図面の整理に適しています。

PAGE TOP

CASE STUDY

お電話でのお問い合わせはこちら [9:00~18:00 土日祝お休み] 052-979-7811

メールでのお問い合わせ

竣工図書・各種図面・機密資料・古文書・個人情報などのデジタル化・データベース構築はお任せください。

Copyright (C) 2011 SOKOETHICS CO,LTD. All Rights Reserved.